2016年11月10日

【ゆる募】企画や仕様作成のお手伝いしてくれる方

現在、ゆる〜く正社員募集しています。

職種は、プログラマーと企画制作補助。
プログラマー募集については、以前のエントリ
ご参照ください。

今回新たに、「企画制作補助」を募集。
ディレクターと一緒に話をして、企画を詰めたり、仕様書をまとめるのを手伝っていただくような内容。
ですので、未経験者でもOKです。
ゲームへの情熱や知識などがあればOK。

※同内容はハローワークにも出しています。13110-19741861

<募集職種>
制作補助

<仕事内容>
ゲーム・アプリ開発における企画・ディレクション補助業務
アプリ制作において、企画や制作管理の補助をしていただきます。

未経験者歓迎ですが、最低限のコミュニケーションがとれること、ゲームが好きであること、昔から最近のゲームをプレイしており知識があることが望まれます。

<勤務地>
御茶ノ水事務所
(銀座線末広町駅、JR御茶ノ水駅、丸の内線御茶ノ水駅、千代田線新御茶ノ水駅、千代田線湯島駅から、それぞれ徒歩5〜10分程度)

<勤務時間>
フレックス制、完全週休2日制

<雇用形態>
正社員または契約社員
※正社員は3カ月程度の試用期間あり

<給与>
経験、能力に応じて

<年齢>
不問


○必要書類○
履歴書(顔写真付)、スキルなどのわかるもの(職務経歴書など)
上記をデータ添付(形式自由)で下記アドレスにお送りください。

hatori@ambientworks.co.jp

書類審査の上、面接を行う場合には日時・場所をご連絡します。
(書類審査で不採用の場合もその旨お知らせします)

その他、求人に関してのご質問などありましたら、同じく上記メールアドレスまでお問い合わせください。
タグ:求人
posted by 取締役 at 17:16| Comment(0) | 会社のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

大怪獣モノに絶賛協力中!まずはLINEスタンプの件

アンビエントワークスは、映画「大怪獣モノ」に協力しております。

映画のEDクレジットに、私の名前と会社の名前が入っていたりw

そもそも、河崎実監督の「電エース」に私が趣味で参加。
(3万円払って出演するというクラウドファンディングという名のどうかしている行為)したことから
監督やプロデューサーと面識ができ、今回の映画のエキストラ撮影時(エキストラとして完全に映っています...)に

「あれ、ハトリさんてアプリ開発してんの?
だったら、大怪獣モノのアプリ作ってよ!」

と言われたことから始まります。

てなところからトントンと話しがすすみ、弊社は
・グッズのデザイン
・アプリ「大怪獣モノといっしょ」制作
・LINEスタンプ制作
を行うことになりました。

LINEスタンプについては、まず承認がなかなか下りないと世間では言われていました。
そして、クリエイターズスタンプが出すぎていて、最近はまったく売れない、という大きな問題がありました。
それでも、一応映画の公式スタンプですし、有名人のスタンプですし、告知もしてくれるということで
リリースされればそれなりに売れるだろう、ならば、この話に乗ってみようと思いました。

大急ぎでデザイン。

弊社が出したスタンプは、いままで出たスタンプの中でも、かなりリアルな部類です。
7.png
遠目で見ると、かなり写真っぽい。

そもそも、LINEの規約で「写真」はそのままスタンプにすることができず、このように「リアルなイラスト」にしなければならないのですが、その基準というのがハッキリしていない。
その基準がわからないので、いったんギリギリまでリアルなものを申請して、「リアルすぎる」と却下されたら修正しようという方向で作成していました。
出した我々も、これはNGだろうなと思いながらの申請でしたが、なぜかイラストのテイストはOK。
(審査が甘くなっているとみた)
ただし、コレだけがNG。

今は
07.png
こうなっておりますが、もともとのセリフはもちろん「セタップ細胞は、あります」でした(笑)

理由はまあ、お察しのとおりというか、実在のアレを揶揄しているということで。
仕方なく「あります」だけに修正。

そこから監修。
それぞれ、実在の方々ですから事務所やご本人にチェックいただいて。

修正と監修が終わり、LINEに再申請したのが7月4日。
この時点で、公開日である7月16日には間に合わないだろうと思いましたね。

ところが。
これが「河崎実はもっている」と言われる所以ですね。
公開直前の7月15日に、申請がおりたのです。

まさか、公開日に間に合うと思わず、弊社が作った宣伝チラシ(劇場で配布させていただきました)にも、
「近日発売予定」と記載しちゃっているくらいですよ(笑
チラシ (2).jpg

とまあ、おかげさまで弊社としても売り時期を逃すことなくリリースできました。
河崎監督の「強運」に感謝です(笑

それからは、
twitterでの告知はもちろんのこと、
河崎監督自らがLINEスタンプをご自身のLINEともだちに送りまくって宣伝してくださったり
舞台挨拶の控室で、飯伏幸太さんや河西美希さん、赤井沙希さんに紹介したり(その場でご購入くださったとか)
トーク中に「LINEスタンプが出たんだよ」と告知してくださったり。
ありがとうございました。

スタンプの中の方々が、実際に使っているというのは本当にうれしいです。
どんな会話で使われているのか気になります。
そうしたら、twitterで、赤井沙希さんが画像をアップしてくださいました。
・・・会話の流れが不思議です(笑

ということで、「大怪獣モノ」のLINEスタンプ絶賛発売中です。
スタンプショップで「大怪獣モノ」と検索するか
上記リンク先からご購入ください。

よろしくお願いします。
39.png

続きを読む
posted by 取締役 at 21:00| Comment(0) | LINEスタンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

承認の速さに驚く「にゃんプレ」

昨日

と、超ひさびさのエントリをしたところですが。

Androidアプリというのは、申請したら数日後にはストアに掲載されます。
ところが、iOSアプリというのは、申請後、審査があって(リジェクトされて)ようやく承認が下りてストア掲載・・・
という流れになっています。

われわれとしても、
iOSアプリは、だいたい申請後1か月はみないとね!という認識だったりします。

ところが。
ところがです。

なんと、「ず〜っと!にゃんプレ」。
Android版から遅れること「たった」1日!
iOS版がストア掲載されてしまいました。

いや、びっくり。

てなわけで、iOS版はこちら。
遊び方等については、昨日のエントリ参照(手抜き)。

とにかく、アップル様の承認の速さに驚きました。
簡単なパズルアプリだったからでしょうかね?
課金なしの広告のみですし。
まさか、何かの手違い?!などと勘ぐってしまう・・・。

それとも、最近は承認が早くなったんでしょうか。
ありがたいことですね。
posted by 取締役 at 16:27| Comment(0) | ゲーム/アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

やっぱり猫がすき→また猫のゲームを作っちゃいましたw

ご無沙汰でございます。非常に。

ゲーム系開発会社というのは、特にウチみたいに小さい会社ですと、いわゆる「受託開発」というのがメインになりがちで、そうなるとブログやtwitterなどでお知らせするような情報がない、という実情があったりしまして・・・などと言い訳しつつ。

でまあ、案件と案件の合間に作ってみました。
Android用アプリ

ss_640x960_0.jpg

また猫です。
会社を私物化していると言われても仕方ないくらい、アンビエントワークスは猫推しです(笑)

さて。
ルールはいわゆる「ナンプレ」(ナンバープレイス/数独)。
数字が、猫のイラストに変わっていますが、ルールはナンプレです。

改めて言う必要はないですけれど、ナンプレは
タテ/ヨコ/3×3マスの中に、同じ猫が重ならないようにバラバラに配置する、というパズルです。
ss_640x960_1.jpg

通常は空白になっていて、そこに字を入れていくのが主流ですが
アプリということで使いやすく、わかりやすく。ということで、最初に候補となる「ヒント」が配置されています。
ヒントから候補を絞っていって、どのマスにどの猫が入るのかを確定させていってください。
ss_640x960_2.jpg

当初、「数字じゃないなんて、わかりにくいのでは?」と思ったのですが
この「候補型」をプレイしてみると、むしろイラストのほうが直感的で分かりやすいな、と考えを改めました。

で、ナンプレ系のアプリはもうホント、腐るほどあって、イラスト、それも猫にしたものもたくさんでていますが
猫をアニメーションさせるなど、ちょっと差別化をはかっております。
なので、なかなか動きがかわいいです。
ss_640x960_4.jpg

ナンプレ好きな人とか、猫が好きな人はぜひプレイしてみてください。
ちなみに、iOS版は現在申請中なので少々お待ちを。


↓↓↓↓

以下、ちょっとビジネス的なお話しになります。
↓↓↓↓

「ず〜っと!にゃんプレ」はUnityで開発しております。

キャラを変えてプロモーションにご利用いただくなどの流用が可能ですので
プロモーション用アプリなどをご検討されている企業様、
ご興味がございましたらご連絡いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。


続きを読む
posted by 取締役 at 15:17| Comment(0) | ゲーム/アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

無心で宝石ジャラジャラ拾いまくれ!

【パズル宝石ジャラジャラ】
というパズル風ゲームアプリをリリースしました。

Android版は下記URLから
リリース完了後、またお知らせさせていただきます。

さて。どういうゲームかと言いますと。
Screenshot_002.png
フツーの、パズルゲームです。同じ色の宝石を3つ以上並べて消す的な。
消し方としては、パズドラさんのように、一つの宝石をずっと保持して移動させることができますが

ですが、そんな消し方はどうでもいいです。
このゲームを作った理由は、

「すごい勢いで連鎖して消えるのを見るだけで楽しいよね!」

という、パチンコ好きが下皿に玉がすごい勢いで出てくるのを見ているだけでドーパミンがドバドバ出てくる的なものを目指し開発したのです。

つまり、適当に動かすだけで、勝手に連鎖が続きます。
自分は、下皿にたまった宝石を、パンクしないように左右に消していくのが主目的なゲームなのです。
パンクすると連鎖が終了してしまいますので、それはもう大急ぎで消し続けなければなりません。

考えるな、とりあえず人差し指でコスり続けろ!

そんな感じです。

幼女にやらせてみたところ、スマホが熱暴走するんじゃないかというくらい、エンドレスでコスり続けており、これはヤバいと思わざるをえませんでした(笑


コスって消すだけでは目的がないので
「取得した金額で高額なものを買ってみよう」
ということにしました。

メニューからショップへ行くと、いわゆる高額なものが並んでおります。
有名な名画や高級車などを買いそろえながら、高額品コンプリートを目指してください。

このゲームには終わりはありません。
(最終的にカンストはしますが)
好きなときに始めて、適当なところで中断してください。
ヒマな時に画面をコスり続けてスマホをアツアツにさせてください。
ただし、それでスマホが壊れても、当方では責任をとりかねますが(笑
posted by 取締役 at 13:57| Comment(0) | ゲーム/アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする